「神奈川県で住みやすいところが知りたい!」

神奈川県は、東京からも近く観光地も多い恵まれた県です。

ですが、そこに住むとなると話は別。

市によっては最寄り駅が無い、人が多すぎて落ち着かないなど、多くの問題が関わってきます。

そこで今回は、神奈川県に移住しようとしている方向けに、元市民である僕が厚木市の住みやすさについてご紹介します。

もちろん、デメリットも併せて分かりやすくご説明しますよ。

メリット1:アクセスが非常に良い

厚木市の最も大きいメリットは、アクセスがよいところです。

最寄り駅である本厚木駅は神奈川県の中央に位置しているため、電車で新宿へは50分程度、観光地である箱根へは40分程度で移動することが出来ます。

もちろん、もっと新宿へ近いところに住めばその分早く移動を済ませることも出来ますが、そうするとその分人口の多いところが増えてくるので、穏やかな生活を送りたい方には向きません。

また、大きな点として映画館のある海老名市に隣接していることも大きいです。

本厚木駅から海老名駅は、急行の電車で1駅なので3分程度。

各停でも2駅で5分程度で移動が出来ます。

海老名市のTOHOシネマズは駅から近いところにあるので、本厚木駅から映画館までで時間を測っても10分程度で移動が可能です。

また、海老名駅に移動してしまえば、相鉄線が通っているので横浜へも移動が可能。

海老名駅から横浜駅まで30分程度で済むので、本厚木駅から出発しても40分程度で到着できます。

・新宿

・横浜

・海老名

・箱根

以上の4つへ簡単にアクセスできる点が、厚木市に住む大きなメリットです。

メリット2:買い物に困ることが無い

移住することによって最も困る点が、必要なお店が周りにないことですよね。

僕も就職して東京へ引っ越したのですが、周りに本屋が無くて困っています。

その点、厚木市にはほとんどの物が揃っています。

・病院

・本屋

・銀行

・薬局

・スーパー

・デパート

・コンビニ

などなど。

娯楽施設で言えば、カラオケやボーリング、今は減少傾向にあるゲームセンターも本厚木駅前に備わっています。

なにより、市役所が駅から歩いて10分程度のところにあるので、駅に近いところに住めばほとんどのものに手が届くようになります。

メリット3:人が多すぎない

厚木市は、駅前にさまざまなお店が並んでいることから分かる通り、比較的人の出入りは激しい土地です。

駅前のスクランブル交差点には、人が立っていないときが無いほど。

ですが、駅から5分程度のところにある住宅街に入ってしまえば、ほとんど人影は見られません。

見かけるのは、老人会へ出かけるおじいさんおばあさんと、楽しく公園で遊ぶ子供たちくらい。

賃貸の価格も1k6万円程度で高すぎない程度なため、良くも悪くも庶民的なファミリーが多いです。

落ち着いて暮らしたい方にはおすすめです。

デメリット1:飲み屋が多い

デメリットとして挙げられるのは、駅前に非常に飲み屋が多いということです。

比較的サラリーマンと学生の出入りが多い土地なので、そこをターゲットにしたお店が多いんですね。

なので、深夜になると酔っぱらった人をよく見かけます。

ただ、新宿のようにごったがえすほど人が多いわけでもないので、そこまで気になるような程ではありません。

酔っ払いが苦手な方には向いていないかもしれませんね。

デメリット2:ヤクザが一応いる

実は、厚木にはヤクザがいます。

いや、新宿や町田など、ヤクザがいない土地の方が少ないのですが、厚木にもまだ一応ヤクザがいることは把握してほしなと。

実は、これには歴史が関係しています。

今から10数年前、隣町である海老名市にはヤクザがごった返していました。

風俗店も多く、夜には客引きをよく見かけました。

しかし、それを見かねた海老名市は風俗店やヤクザを徹底的に排除するよう働きかけます。

そして、追い出されたヤクザは、隣町で比較的そうい規制が緩い厚木市に引っ越してきたのです。

なので、風俗店を経営するヤクザが厚木市にはいるんですね。

ですが、それが活発だったのも昔の話で、今ではほとんど見かけることはありません。

風俗店も世間の流れには逆らえずに次第に減っていき、今では路地裏に数件ある程度。

小学生や中学生がたくさん出入りする街でもあるので、普通に暮らす分には安全な街です。

まとめ

厚木市について、少しはお役に立てたでしょうか?

基本的に厚木は良い街ですが、少し特徴的ではあるので合わない人もいるでしょう。

しかし、長年楽しく生活できたので、個人的にはおすすめです。

おすすめの記事